ツアーコースのご紹介

長崎歴史窯元体験見学コース(3時間)

ツアーコースのご紹介
江戸時代中期の元禄の頃に、諫早藩によって開かれた現川焼きは陶芸に適した赤土がこの地で採れることが判り開窯されました。焼成すると黒く焼き上がるので、白い土で刷毛目化粧を行い、竹べら等で装飾を施したり、呉須や弁柄などで絵付けをしたりして模様を描いて焼成します。1692年に現川焼は始まりますが、製造は約50年しか続かず、その後は姿を消してしまいますが、明治時代になり復活を遂げ、今に繋がります。
※最少催行人数 2名

出発時間

1
出発10:00 帰着13:00 (予定)

コース内容

10:00
長崎市内のホテル又は長崎駅 出発
10:30
1.現川焼き見学~ろくろまわし~絵付け等を体験する
12:30
2.体験後、絵付けしたものを焼成依頼して終了します
13:00
長崎市内のホテル又は長崎駅 到着

ツアー料金

ツアー料金:お1人様4,000円(税込)
  • 最少催行人数 2名
  • 昼食代は含みません。

このコースの見どころ

  • 現川焼、ろくろ・絵付け体験

    刷毛目を主体とした焼き物です。湯飲み、飯椀、皿等小物から花器、茶器など焼き物で表現できるものはいろいろなものがあります。ろくろ体験・絵付け体験して、オリジナルの茶碗や皿などを作ってみませんか。
    ※別途4,000円かかります。